Angla Tuulikud  Saaremaa Island

サーレマー島の アングラ風車群は1880年頃から創られ始めた木造の粉挽き風車で20世紀初頭には800基ほどあったが現在5基が保存されている

July 1 2012  Angla Tuulikud

中央丸屋根の風車は新しいオランダ式で屋根部分のみが風向きの方向に回転するが昔ながらの他の4基は風車小屋全体が風向きの方向に回転するエストニア式である

        カウンター

inserted by FC2 system