Jeongrimsaji  扶餘 定林寺

扶餘は6代の王が538〜660年の123年間にわたって百済王国の都とした泗の地である 定林寺は百済王都時代の中心的寺院で国宝の五層石塔が残っている

    カウンター

inserted by FC2 system