Shompur Bihar  Paharpur

パハルプールはパーラ王朝の8世紀半ばから9世紀にかけて創られた仏教寺院群 パハルプールの建築様式は後のパガン遺跡やアンコール遺跡に多大な影響を与えたと云われている

Paharpur

パハルプールは177の僧院72の台座と仏舎利塔が創建され千人の僧侶を収容した仏教寺院であった

December 14 2013  Paharpur

ベンガル語でパハルは山を意味しプールは中核を意味する

Terracotta  Shompur Bihar  Paharpur

壁面には約2,800枚の素焼きレンガ像がはめ込まれ仏教やヒンズー教の神々や動物が描かれている

    カウンター

inserted by FC2 system