Historic Center of Tallinn  from Sokos

タリン旧市街は1050年にトームペア(ドイツ語で聖堂の立つ丘を意味する)と呼ばれる中心部の丘に要塞が築かれて以来13世紀にはドイツ騎士団や北方十字軍の軍事拠点となりロシアとスカンジナビアを結ぶ貿易中継地として繁栄した

 

St. Olav Church                                St. Olav Tomb

聖オレフ教会は15世紀のノルウェーの守護聖人オレフ王を祀った教会で尖塔は高さ124mありタリン旧市街で最も高く旧市街を一望できる 1549年の完成当時は159mあり世界一高い建築物であったが1625年のストラスブール大聖堂の完成によりその座を譲った

July 2 2012  St. Olav Church  Tallinn

リトアニアのビルニュスからラトビアのリガを通りエストニアのタリンまでのバルト三国1,500kmバスの旅でタリンに到着

        カウンター

inserted by FC2 system